自然食品

甘さが欲しくなったとき

私の周りの友達は、わりとオーガニック志向の友達が多いので、いろいろと教えてもらっています。私も最近、オーガニックな生活をしていきたいなと思っているところです。お砂糖をあまり使わない生活がいいらしく、はちみつが見直されているとのことでした。どうしても甘さが欲しくなったときは、はちみつをコーヒーや紅茶に入れてみるのがいいとのことでした。確かに、はちみつのやさしい甘さが癒してくれますし、とても美味しくなるのでオススメです。体にいい甘さなので、今後もオーガニック志向な方の必需品になっていくのではないかと思います。私自身も、最近ははちみつばかり使っています。お料理をするときも、はちみつを使うといいみたいです。

はちみつを子供にあげるとき

体にいいものなので、ついつい子供にもあげてしまいがちなのですが、確か2歳以下の子供にはちみつをあげない方がいいと聞いたことがあります。アレルギー反応のようなものを起こしてしまう場合があるとのことなので、小さい子にあげるときには、その子が何歳なのかをしっかり把握してからあげるべきです。ついつい、甘いですし美味しいのであげてしまいそうになるのを、注意すべきだと思います。はちみつが食べられる年齢になったら、ヨーグルトに混ぜてあげたりして、はちみつの存在を教えてあげることができればいいなと思います。お料理の隠し味に使うだけでも、どことなくマイルドな味になるので、きっと子供も好きな味だと思います。私ももっと、はちみつを使いたいと思います。